2011年10月12日

It's probably me



昔の映画のエンディングで使われた曲です。

学生時代にシアトルで買ったお気に入りのCD。
クラプトンが好きで買ったんですけどね。

来月はそのクラプトンが来福。

見に行きたいけどねー。
はい、仕事ですたらーっ(汗)



If the night turned cold.
And the stars looked down.
And you hug yourself.
On the cold cold ground.
You wake the morning.
In a stranger's coat
No-one would you see.
You ask yourself,‘Who'd watch for me?’
My only friend, who could it be?
It's hard to say it.
I hate to say it, but it's probably me.

When your belly's empty.
And the hunger's so real.
And you're too proud to beg.
And too dumb to steal.
You search the city.
For your only friend.
No-one would you see.
You ask yourself,‘Who'll Watch For Me?’
A solitary voice to speak out and set me free.
I hate to say it,
I hate to say it, but it's probably me.

You're not the easiest person I ever got to know.
And it's hard for us both to let our feelings show.
Some would say.
I should let you go your way.
You'll only make me cry.
If there's one guy, just one guy.
Who'd lay down his life for you and die.
It's hard to say it,
I hate to say it, but it's probably me

When the world's gone crazy, and it makes no sense.
And there's only one voice that comes to your defence.
And the jury's out.
And your eyes search the room.
And one friendly face is all you need to see.
If there's one guy, just one guy.
Who'd lay down his life for you and die.
I hate to say it,
I hate to say it, but it's probably me.

I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.
I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.
I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.




たとえば凍てつく夜
星もくっきりと見え
君は寒さのあまり思わず自分の身体を抱きしめる
朝目が覚めてみると誰かがコートをかけてくれている
人の気配などまるでないのに
きみはひとりぼっち
私を見守ってくれていたのは誰
私のたった一人の友達、それはいったい誰?
言いにくいことだけど
言いたくないけれど
でもそれはきっと僕のことなんだ

お腹の中はからっぽ
飢えに苛まれても
物乞いするには気高すぎ
盗みをはたらくには要領がよすぎる君
たった一人の友達を探して
君はこの大都会をくまなく歩き回った
だけど一人として出逢えない
君はひとりぼっち
誰もいないのかしら
孤独の叫びをあげれば君は解き放たれる
言いたくないけれど
言わずにおきたいけれど
でもそれはきっと僕なんだ

君が一筋縄でいかない相手だということに気付いていないわけじゃない
おまけに二人とも気持ちを上手く表せないときている
君の好きなようにさせてやればいいじゃないかって
誰かに言われそうだな
僕が泣けばすむことだものね
だけど君のためなら命を投げ出して死んでもいいという男がどこかにいるとすれば
一人でもいるとすれば
なかなか言えないけれど
言いにくいことだけど
でもそれはきっとこの僕なんだ

世の中がおかしくなってしまって
何の道理も通らなくなってしまい
自分以外誰も弁護してくれる者はいない
陪審員たちも立ち去ってしまい
君は空っぽの部屋を眺めるだけ
たった一人だけでいいから味方に出逢えたらと思わずにいられない
でも一人の男がいるとしたら
君のためなら命を投げ出して死んでもいいという男がいるとしたら
なかなか言えないけど
言わずにおきたいけど
でもそれはきっとこの僕なんだ
言いたくないけれど
言わずにおきたいけど
でもそれはきっとこの僕なんだ


ラベル:お気に入り
posted by nodomi at 03:16| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

BBQ

フランス滞在7日目


だいぶ朝夕は冷えてきましたねー。
長袖は作業用のシャツしか持参していません。
帰国の頃は寒いのかな…あせあせ(飛び散る汗)


今日は2011Gの葡萄の収穫なんですが、
その葡萄は夕方の回収予定。
(チームケバブの皆さんが収穫してくれます。)


まずは葡萄の発酵状態のチェック。
FRANCE2011 184.jpg

発行中の葡萄の種類も増えてきましたよー。
左から
シャルドネ
ルーサンヌ
ミュスカ・ダンブール
ヴィオニエ
ドンラス
メルロー
シラー
グルナッシュ


ヴィオニエはもうワインですなー。


FRANCE2011 185.jpg

その間に古後君はタンクの洗浄。
この扉から入って、タンクの中を

アライーノ


  ARAI-2.jpg

 またまた登場。
 新井さんも玉城さんもゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)


この後、作業台の修理をやるんですが、
変な角度で作業台を持ったもんで、
ちょっと腰痛めてしまいました…もうやだ〜(悲しい顔)
この後は、大岡さんのコルセットをつけて作業です。
男もうどんも腰が大事ですよね、Tシゴローさんわーい(嬉しい顔)


この後、パリ在住の
YONEさんMAYUさん到着、Ca va?わーい(嬉しい顔)

YONEさんも数年前から、大岡さんの畑の開墾・収穫を
お手伝いいただいてる方です。
 YONEさんのBLOG⇒YONE de PARIS


夕方から、オランダさんの畑へ。

FRANCE2011 186.jpg

チームケバブが収穫したグルナッシュが70ヴェンヌ。
この葡萄は2011Gとなる予定です。

FRANCE2011 187.jpg

おおおかさんも葡萄の状態チェック中。


午前中に洗浄していたタンクに、
葡萄を放り込んで本日の作業は終了。


そして夜は皆でBBQるんるん

FRANCE2011 188.jpg

FRANCE2011 190.jpg

FRANCE2011 189.jpg

FRANCE2011 191.jpg

久々の再会に、話も弾みますね〜グッド(上向き矢印)

FRANCE2011 192.jpg

宴は深夜まで続きましたーわーい(嬉しい顔)



ではまた。



ラベル:Saint-Peray
posted by nodomi at 13:04| Comment(2) | Saint-Peray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

Therry Allemand

フランス滞在6日目

筋肉痛もかなりひどくなってきましたーふらふら
寝る前の湿布張りは欠かせませんね〜。
(湿布は日本から持参しましたよ)


今日は曇り空。
夕方からは雨が降るとか。

シラー、グルナッシュと収穫のヤマ場を終え、
本日はティエリーの醸造所へ葡萄を踏みに行く事に(Pigeage)。


 ※ティエリー=ティエリー・アルマン
  大岡さんのお師匠さんで、コート・デュ・ローヌの大御所。
  シラーの素晴らしいワインを醸されます。

ってことで車で10分程で、ティエリーのご自宅へ到着車(RV)

FRANCE2011 167.jpg


ちょうどカシェットの伊地知シェフファミリーと食事を終え、
デザートを食べている時にお邪魔しました。

FRANCE2011 168.jpg

シュークリーム、イチジクのタルト、プリン。
全て自家製のようですね。
私は甘い物が苦手なんですが、
そんなに甘くなく食べれましたよわーい(嬉しい顔)

ここでもワイン1杯頂きましたが、
ティエリーの2002のサンスーフル。

小一時間ほど談笑して、コルナスの丘の上にあるティエリーの醸造所へGO車(RV)


FRANCE2011 169.jpg

ティエリーと大岡さんお話し中。

FRANCE2011 171.jpg

FRANCE2011 173.jpg

ティエリーも仕込中のワインの発酵具合をチェックしています。

そして、
FRANCE2011 172.jpg

全てのタンクから1杯づつ頂きましたよるんるん
Therry Allemand/Cornas Chaillot 2011です。
(まだ葡萄ジュースの状態ですがあせあせ(飛び散る汗))


FRANCE2011 170.jpg

タンクの中のシラー。


そしてタンクの中へ突入〜いい気分(温泉)

FRANCE2011 174.jpg

足で葡萄を潰していきますよ〜ダッシュ(走り出すさま)


FRANCE2011 175.jpg

隣で古後君も踏み踏み〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

FRANCE2011 177.jpg

カシェットの伊地知シェフも踏み踏み〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

FRANCE2011 176.jpg

私もティエリーと混浴で踏み踏み〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

ティエリーのコルナス買わないって言わないでーあせあせ(飛び散る汗)

 ※facebookにも写真載せましたが、
  男性からはティエリーと一緒である事にコメントが。
  女性からはパンツ姿にコメントがありましたあせあせ(飛び散る汗)


FRANCE2011 178.jpg

タンクの下の階にはたくさんのワイン樽がありました。
タンクで葡萄ジュースがワインに変わったら、
床の穴からホースをつなぎ樽へ直接ワインを注ぎます。
高い所から低い所へ地球の引力を利用して、
ワインの酸化を極力防ぐんですねー。(Gravity System)


葡萄踏みを終えて、ティエリーの自宅へ戻る頃には雨が降ってきました。
ジャックさんの提案で、ブラインド大会へ。
何かにつけて、ワインを飲む事が多いんですよねー。
まぁ嫌いじゃないけどね(むしろ好きですよー)。

FRANCE2011 180.jpg

FRANCE2011 179.jpg

6人で5本空けちゃいましたわーい(嬉しい顔)
ブラインドしながら普通に飲んでますね(笑)

飲んだのは…
Leon Barral Valiniere 2006
Ch Le Puy Rouge 2001
Pierre Overnoy Poulsard 2010
Gerard Schueller Tokay Pinot Gris 1998
プロヴァンスのよく分らない赤1995

オヴェルノワなんてまだリリース前。
樽から分けてもらったそうです。


そして22時過ぎに帰宅すると、
facebookにカシェットの西君から
一緒に飲みましょうのメッセージが。

てことで、後半スタートexclamation×2

FRANCE2011 181.jpg

FRANCE2011 182.jpg

Courtois / Quartz
Coquelet / Cote du Py 2009
Pierre Overnoy / Arbois chardonnay 2003

この日2回目のオヴェルノワグッド(上向き矢印)

後半戦は4時過ぎまで続きましたとさー爆弾


FRANCE2011 183.jpg

西君、ごちそうさまでしたーわーい(嬉しい顔)



明日の仕事は9時、おやすみなさーい眠い(睡眠)



ではまた。




posted by nodomi at 14:37| Comment(0) | Cornas | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。