2011年10月12日

It's probably me



昔の映画のエンディングで使われた曲です。

学生時代にシアトルで買ったお気に入りのCD。
クラプトンが好きで買ったんですけどね。

来月はそのクラプトンが来福。

見に行きたいけどねー。
はい、仕事ですたらーっ(汗)



If the night turned cold.
And the stars looked down.
And you hug yourself.
On the cold cold ground.
You wake the morning.
In a stranger's coat
No-one would you see.
You ask yourself,‘Who'd watch for me?’
My only friend, who could it be?
It's hard to say it.
I hate to say it, but it's probably me.

When your belly's empty.
And the hunger's so real.
And you're too proud to beg.
And too dumb to steal.
You search the city.
For your only friend.
No-one would you see.
You ask yourself,‘Who'll Watch For Me?’
A solitary voice to speak out and set me free.
I hate to say it,
I hate to say it, but it's probably me.

You're not the easiest person I ever got to know.
And it's hard for us both to let our feelings show.
Some would say.
I should let you go your way.
You'll only make me cry.
If there's one guy, just one guy.
Who'd lay down his life for you and die.
It's hard to say it,
I hate to say it, but it's probably me

When the world's gone crazy, and it makes no sense.
And there's only one voice that comes to your defence.
And the jury's out.
And your eyes search the room.
And one friendly face is all you need to see.
If there's one guy, just one guy.
Who'd lay down his life for you and die.
I hate to say it,
I hate to say it, but it's probably me.

I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.
I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.
I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.




たとえば凍てつく夜
星もくっきりと見え
君は寒さのあまり思わず自分の身体を抱きしめる
朝目が覚めてみると誰かがコートをかけてくれている
人の気配などまるでないのに
きみはひとりぼっち
私を見守ってくれていたのは誰
私のたった一人の友達、それはいったい誰?
言いにくいことだけど
言いたくないけれど
でもそれはきっと僕のことなんだ

お腹の中はからっぽ
飢えに苛まれても
物乞いするには気高すぎ
盗みをはたらくには要領がよすぎる君
たった一人の友達を探して
君はこの大都会をくまなく歩き回った
だけど一人として出逢えない
君はひとりぼっち
誰もいないのかしら
孤独の叫びをあげれば君は解き放たれる
言いたくないけれど
言わずにおきたいけれど
でもそれはきっと僕なんだ

君が一筋縄でいかない相手だということに気付いていないわけじゃない
おまけに二人とも気持ちを上手く表せないときている
君の好きなようにさせてやればいいじゃないかって
誰かに言われそうだな
僕が泣けばすむことだものね
だけど君のためなら命を投げ出して死んでもいいという男がどこかにいるとすれば
一人でもいるとすれば
なかなか言えないけれど
言いにくいことだけど
でもそれはきっとこの僕なんだ

世の中がおかしくなってしまって
何の道理も通らなくなってしまい
自分以外誰も弁護してくれる者はいない
陪審員たちも立ち去ってしまい
君は空っぽの部屋を眺めるだけ
たった一人だけでいいから味方に出逢えたらと思わずにいられない
でも一人の男がいるとしたら
君のためなら命を投げ出して死んでもいいという男がいるとしたら
なかなか言えないけど
言わずにおきたいけど
でもそれはきっとこの僕なんだ
言いたくないけれど
言わずにおきたいけど
でもそれはきっとこの僕なんだ


ラベル:お気に入り
posted by nodomi at 03:16| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

When You Wish Upon a Star





明日は七夕。

何をお願いしますか?

きっと想いは伝わるはず。

皆さんの願いがかないますように。


のーどみ




When you wish upon a star
Make no difference who you are
Anything your heart desires
Will come to you

If your heart is in your dream
No request is too extreme
When you wish upon a star
As dreamers do

Fate is kind
She brings to those who love
The sweet fulfillment of
Their secret longing

Like a bolt out of the blue
Fate steps in and sees you through
When you wish upon a star
Your dream comes true

Like a bolt out of the blue
Fate steps in and sees you through
When you wish upon a star
Your dream comes true


星は生まれる時に
一つか二つ力を授かるんだよ。
その一つが
夢を叶える力なのさ。

星に願いをかけるなら
君がどんな人かなんて関係ない。
心から願うことは
叶うんだよ。

夢を見る時には
必ず何かを願うんだよ。
星に願いをかける時には
皆そうするのだから。

運命の女神は優しいんだ。
密かな願いが叶うように
願っている人たちに
力を貸してくれるのさ。

運命はある日突然やってきて
最後まで看ていてくれるから、
星に願えば
夢は実現するんだよ

運命はある日突然やってきて
最後まで看ていてくれるから、
星に願えば
夢は実現するんだよ

ラベル:お気に入り
posted by nodomi at 13:47| Comment(4) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

Can't take my eyes off you

日曜日に大阪へ行ってきました新幹線
14の飲食店さんの皆さんが、
1日だけの屋台村として
飲み食べ放題のイベントを行っていました。

顔見知りのインポーターの皆さんもちらほら。

美味しい食事と美味しいワイン
楽しいヒトトキでしたわーい(嬉しい顔)

イベントの詳細は又後日…あせあせ(飛び散る汗)
ブログアップするのは、
画像の加工なんかで時間がかかるんですよねーあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

お店のブログは毎日更新していますので、
そっちを見ながら気長にお待ち下さい。。。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

 お店のブログ⇒自然派ワインとおいしいヒトトキ



最近のお気に入り

Magnus TingsekのCan't take my eyes of you
沢山の方々がカバーしていますが、
その中でもコレが一番好きだな。





You're just too good to be true
I Can't take my eyes off you
You'd be like heaven to touch
I wanna hold you so much
At long last love has arrived
And I thank God I'm alive
You're just too good to be true
Can't take my eyes off you

Pardon the way that I stare
There's nothing else to compare
The sight of you leaves me weak
There are no words left to speak
But if you feel like I feel
Please let me know that it's real
You're just too good to be true
Can't take my eyes off you

I love you, baby
And if it's quite alright
I need you, baby
To warm a lonely night
I love you, baby
Trust in me when I say
Oh, pretty baby
Don't bring me down, I pray
Oh, pretty baby, now that I found you, stay
And let me love you, baby
Let me love you

You're just too good to be true
Can't take my eyes off you
You'd be like heaven to touch
I wanna hold you so much
At long last love has arrived
And I thank God I'm alive
You're just too good to be true
Can't take my eyes off you

I love you, baby
And if it's quite alright
I need you, baby
To warm a lonely night
I love you, baby
Trust in me when I say
Oh, pretty baby
Don't bring me down, I pray
Oh, pretty baby, now that I found you, stay
And let me love you, baby
Let me love you...


君みたいな人がいるなんて 夢のようだ
見つめずにはいられない
触るだけで まるで天国のようだ
ずっと抱きしめていたくなっちゃう

僕にもやっと愛が めぐってきた
生きてること 神様に感謝しなくちゃ
君みたいな人がいるなんて ほんと夢みたい
君から目をそらすことなんかできない

見つめすぎるのを 許してほしい
比べるものなんてないのにね
君を見てて 私 おかしくなっちゃったみたい
何も言うこと なくなっちゃった

でも、僕が感じていることを君も感じているなら
僕にこれが夢じゃないって教えて
君みたいな人がいるなんて ほんと夢みたい
君から目をそらすこともできないもの

君を愛している
そしてできることなら
あなたといっしょにいたいんだ
寂しい夜に温めてほしいから
ホント、大好きなんだ
僕の言ってること、信じて。

あぁ、素敵な君
がっかりさせないで 僕は祈ってる
素敵なあなた やっと君を見つけたんだ、
だから一緒にいて
それで、君をもっと好きにさせて
いっぱい愛したいんだ


君みたいな人がいるなんて 夢のようだ
見つめずにはいられない
触るだけで まるで天国のようだ
ずっと抱きしめていたくなっちゃう

僕にもやっと愛が めぐってきた
生きてること 神様に感謝しなくちゃ
君みたいな人がいるなんて ほんと夢みたい
君から目をそらすことなんかできない

君を愛している
そしてできることなら
あなたといっしょにいたいんだ
寂しい夜に温めてほしいから
ホント、大好きなんだ
僕の言ってること、信じて。

あぁ、素敵な君
がっかりさせないで 僕は祈ってる
素敵なあなた やっと君を見つけたんだ、
だから一緒にいて
それで、君をもっと好きにさせて
いっぱい愛したいんだ

ラベル:お気に入り
posted by nodomi at 11:23| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。