2011年02月21日

微食倶楽部@久留米

京都で大岡さん、草野さんと食事をした翌日、
始発の新幹線で帰福新幹線

京都観光もせずになせ始発で帰るのかって言うと、
今日は午後から近所の飲食店の方々と
久留米ツアーに行くためなんですよね。

11月に行った「小倉おでんツアー」の第2回目なんです。
 小倉おでんツアーの様子はこちら

そしてこの集まりも

食倶楽部」と呼ぶ事になったようです。


でもって、私は学生時代に久留米に住んでいたので、
行く店は私のチョイスとなりました。

睡魔に負けずに、集合場所へGO右斜め上

image/2011-02-21T12:00:30-1.jpg

14時に天神の角打ち「角屋」に集合でしたが、

さすが参加者の皆さん!

一番乗りは12時半の入店で飲んでいたとの事exclamation&question

今回の旅の安全と家内安全・商売繁盛・合格祈願・世界平和などを祈りつつ
とりあえず私もカンパーイビール

  角屋

  Adress:福岡市中央区天神2-10-12 角屋食館ビル
  Tel:092-732-7900
  http://r.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40001170/  


そしてこの日の遠征メンバーは、
H岡家G番町の大将
渡辺通りの裕次郎ことTさん
イタリアンだけどうどん大好きGッツさん
同じくUッチーさん
日本酒大好きシシマルちゃん
そして店主と私の7名!


久留米までは西鉄電車で30分〜電車


kurume1.jpg

久留米に来てビックリexclamation

前日はかなり雪がふったようで、
まだ雪が残っておりました。


まずは、いづみや酒販さんへ。

kurume18.jpg

窓からは大岡さんのヴィオニエが。


H岡さんが挨拶したいとの事で訪れたのですが、
お宝ワインに店主と私のテンションアーーーップグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

kurume19.jpg

グランドコリーヌサンペレ2003!

即買いですねグッド(上向き矢印)

そして泉屋さんのご厚意により、
気になるワイン数本を試飲させていただくことに。


kurume2.jpg

エリック・カリキュ97
ルメール・フルニエ エロートル04
 エリックカリキュって幻のロワールって呼ばれる珍しいワインのようです。
 フルニエももう造られていません。

kurume3.jpg


ル・カゾ・デ・マイヨール ブラン・ドゥ・コースト00
ダリオ・プリンチッチ コッリオ・ビアンコ・トレベッツ00 
マルセル・ラピエール ムーラン・ナヴァン05
エリック・カリキュ モワルー97

かなりのお宝ワイン、ありがとうございました。


  泉屋酒販

  Adress:久留米市六ッ門町6-38番地
  Tel:0942-32-7111
  Hp:http://www.izumiya-sake.co.jp/


さてさて、ほろ酔い加減で向かったのは…

kurume4.jpg


老舗の居酒屋「古賀久」

kurume5.jpg

kurume6.jpg

おつまみとビールでカンパーイビール

古賀久は工場直送の生ビールが有名なんですが…、
この日は???
いたって普通の生ビール…。
まぁ、冬なんで生ビールが回転してなかったのかも。


気をとりなおして次に向かったのは、

kurume7.jpg

餃子「五十番」

こちらも老舗の餃子屋さんです。
人気店なので、オープンの17時30分に来店。

kurume8.jpg

鉄板に面した部分はカリカリ、
上部はモチモチるんるん

今回の参加者の皆さんにも好評ですハートたち(複数ハート)


  五十番

  Adress:久留米市六ツ門町7-162
  Tel:0942-32-4194
  http://r.tabelog.com/fukuoka/A4008/A400801/40007271/


この後、元泉屋さんのスタッフが最近オープンした
「DERACINE(デラシネ)」さんへ。

kurume20.jpg

オレリアン・ヴェルデ
先日、山下ワイン食道にも来店いただいた、ブルゴーニュの生産者です。

シャンパン、アラン・グイヨのクローズエルミタージュを飲み干し、
次の店へGO右斜め上


向かった先は…

kurume9.jpg

「餃子の又兵衛」

また、餃子かよっ!

って言わないの〜

こちらも老舗の有名店。
餃子以外のメニューも充実ぴかぴか(新しい)
私も学生時代によく訪れたもんです。

個人的には五十番ではなく、又兵衛派なんですよねー。

kurume10.jpg

この餃子、小ぶりで餡も少なめ。
お酒もすすみます。

kurume11.jpg

ニラ玉

kurume12.jpg

焼き鳥の横にはアルファルファがそえてあります。

kurume13.jpg

ちょうどお客さんの入れ替わりに
うまく入れました。
店内は満席で活気がありますexclamation&question


  餃子の又兵衛

  Adress:久留米市東町34-17
  Tel:0942-34-2405
  hp:http://homepage3.nifty.com/yoshikawa--/mise/matabe/PC/index.htm


この後、近くのバーに移動。

kurume14.jpg

学生時代にアルバイトしていたお店の元グループ店。
安川さんお久しぶりでーす。
ちなみに、当時のオーナーは上津江でフルーツトマトを作っています。
  フルーツトマトについてはこちら  
 
 B・A・R

 Adress:福岡県久留米市東町30−10−2F
 Tel:0942-38-0450

時間も遅くなってきたので、
最後のシメへ向かいます。

kurume15.jpg

 「南京千両」

豚骨ラーメン発祥の屋台です。
ここも学生時代にちょくちょく訪れました。

kurume16.jpg

長浜ラーメンとは違い、面もかなり太めです。
スープは油ドロドロではありません、結構あっさりです。




そして最終電車で福岡へと帰ったのですが…

kurume17.jpg

「雷橋」でもう一杯ビール

この時点で睡魔に負けそうな私はギブアップあせあせ(飛び散る汗)
ここ3日で4時間程の睡眠時間バッド(下向き矢印)
寝る間を惜しんで飲んでましたが、帰って寝まーす眠い(睡眠)






ではまた。
















posted by nodomi at 16:56| Comment(10) | 久留米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。