2010年05月09日

La Cachette

今日は遥々遠くからのお客様が見えました。
スペイン国境近くのPAU(ポー)という町から、
アルザスへ向かう途中に立ち寄っていただきました。
※ほぼフランス縦断って感じです。

J.Pascal.jpg

ジャン・パスカルさんとカズさん。
PAUの町で素敵なレストラン&ワインショップを開いているそうです。
パスカルさんは以前パリの“Pappille”に勤めていたそうです。


開墾中のコルナスを見学しカーブでの試飲をした後は、
私も心待ちだった、

cachatte.jpg

カシェットでの夕食ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

先日、ご自宅で食事をお世話になった伊地知シェフのお店です。
なんたって2009年度のミシュランで1つ星を獲得したレストラン、
お客様もいっぱいです。
 ※そういえば、地球の歩き方最新号にも載ってます。

“La Cachette”
Adress: 16, rue des Cevennes
Tel: 04.75.55.24.13

まずはワインはパスカルさんがセレクトの
ARBOIのサバニャン2000年
酸味がちょうどいい感じで食欲を増進させます。

cachatte 2.jpg

アミューズ
プチトマトがリンゴ飴のようにコーティングされて、
面白い食感でした。

cachatte 3.jpg
cachatte 4.jpg

前菜
ガスパチョと鯛、マグロのたたき
マグロは繊細な味付けで、柚子の風味が優しーいるんるん


cachatte 5.jpg

スープ
ソラマメのスープ
たぶんソラマメだと思います(汗)。中にはカエルの身が。


cachatte 9.jpg

ここで2本目のワイン
アルザスはジュラール・シュレールのリースリング2000年


cachatte 6.jpg
cachatte 7.jpg

メイン
キンメダイ(だと思う)、鴨のコンフィとフォアグラ
魚の方は最近はやりの調理方法だそうで、外はかるめに焼いて
中はレアになってます。これも面白い食感ですね。


cachatte 8.jpg

デザート
イチゴのコンポート
甘いものが嫌いな私でも美味しくいただける、上品な甘さ。
(別に私自身が上品ってわけじゃないんですけど。)


フランス料理に対して知識が少なく、上手く伝えられなくて
申し訳ないっあせあせ(飛び散る汗)
でも、全ての料理が繊細で盛り付けも美しい。
私が魚を食べたいと言ってたのを覚えて下さっていて、
この日は魚中心の特別メニュー。
大変美味しゅうございました。伊地知シェフごちそうさまでしたるんるん




ではまた。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のヒロシ君

5日目


moyashi-11.jpg


おっと、なんだかもやしっぽくなってきたゾ。
でもこの密集具合と緑色がやっぱり気持ち悪い?

ヒロシ、一人前のもやしまでもう一息だ!
指の付け根の痛みにも耐えるんだーっ手(パー)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



posted by nodomi at 00:00| Comment(0) | Valence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。