2011年10月23日

Press 2


つづきでーす。


FRANCE2011 203.jpg

一旦、プレス機を動かして葡萄を絞り始めると
4〜5時間はは放置プレイ。

なら、「ランチでも行きますかー」

yoneさんとmayukoさん、
つめちゃんとゆきちゃん、
古後君と私の6人で近所のピッツエリアへダッシュ(走り出すさま)


FRANCE2011 206.jpg

醸造所近くのこのお店、
ピザが食べれるのかと思いきや、

ピザないんですねっ…あせあせ(飛び散る汗)

ってことで
日替わりのプレートをいただきます。

FRANCE2011 207.jpg

リヨン風ソーセージ
ソーセージ切って、ソース掛けるだけじゃん
シンプルな調理に、素朴な味付け。
美味しゅうございました…?

FRANCE2011 208.jpg

デザートのジェラード、
レモンとラム&干し葡萄。
ラムの方は結構お酒が効いてて
美味しかったな揺れるハート

Merci pour le repas délicieux.


さてさて、
食後はParisチームの4人は観光へ、
我々は大岡さんと合流。

オランダさんの畑へ
グルナッシュをピックアップへ。

FRANCE2011 209.jpg

FRANCE2011 210.jpg

今回は12ヴェンヌなんで、
ハイエースです。

醸造用のタンクは
溢れんばかりの葡萄でいっぱい。


FRANCE2011 211.jpg

足で踏んで、追加のグルナッシュを入れるスペースを作ります。


そうしている間にプレス終了ーぴかぴか(新しい)

FRANCE2011 212.jpg

プレス機の外枠を外します。
半分以下に潰されていますねー。
干し葡萄のケーキになっちゃってますよるんるん

FRANCE2011 213.jpg

大岡家の食卓でも使用している(かもしれない)
巨大フォークで、美味しくいただきます
崩していきます。


この搾りかすを蒸留するとマールというお酒になるんですが、
今回のメルローは、マールにせずに廃棄します。

葡萄のカスをトラックにのせ、
プレス機を洗いあげれば、お仕事終了ー手(チョキ)

昨日に引き続き、本日の夕食もBBQ!
醸造所の外でやっちゃいまーす。

FRANCE2011 217.jpg

yoneさんとmayukoさん

FRANCE2011 218.jpg

つめちゃんとゆきちゃん

FRANCE2011 215.jpg

FRANCE2011 216.jpg

今日は川魚も焼いちゃいます。
マスの一種だったかな?

FRANCE2011 219.jpg

FRANCE2011 220.jpg

ル・カノンマグナム!
このボトルのエチケットは普通に縦張りですね。
山下ワイン食道にあるのは、横張りです。

本日の宴も深夜2時過ぎまで。
夜はだいぶ冷えますね。
フランス来てから、夜は飲み続き、
なかなかブログも更新できませーんあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、日本でも飲み続きなんですけどねーふらふら




ではまた。
ラベル:Saint-Peray
posted by nodomi at 11:21| Comment(0) | Saint-Peray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

Press 1

フランス滞在8日目


今日は8月中旬に収穫され、
タンクで発酵していたメルローのプレスをやっちゃいます。

渡仏2日目に櫂入れ(ポンピングオーバー)をやったタンクですね。
このメルローはヌーヴォー(新酒)として
11月中旬には日本で飲めるはずでしたが、
今年は別の品種を使用するようですね目


一次発酵を終えたタンクの中から、
液体のみを抜き取り移動用のタンクへ移し替えます。

この時点のワインはフリーランワインと呼ばれ、
一部の高級ワインにはこれが使用されます。


FRANCE2011 193.jpg

移動用タンクに移されたワインは
大岡さんがフォークリフトで持ち上げます。


高い所から低い所へ地球の引力を利用して、
古後君が昨日洗浄した醸造用タンクへ移し替えます。
これでワインの酸化を極力防ぐんですねー。 (Gravity System)

FRANCE2011 194.jpg

一次発酵で使ったタンクの扉をオープンexclamation
ギッシリと葡萄が詰まってますねー。


FRANCE2011 195.jpg

大岡家の食卓でも使用している(かもしれない)
巨大フォークで、タンクの中の葡萄を掻き出しまーす。


FRANCE2011 196.jpg

FRANCE2011 197.jpg

この掻き出した葡萄を2人がかりで
プレス機の中へ放り込みますダッシュ(走り出すさま)


FRANCE2011 198.jpg

中はこんな感じ。

FRANCE2011 199.jpg

葡萄の房はすっかりシワシワになってます。
でも、これ更に絞りあげちゃうんですよねー。

FRANCE2011 201.jpg

葡萄を放り込んだ後は、
木の蓋を組んでいきます。

モーターで真ん中の鉄棒が回転し、
木の蓋が徐々に落ち込み、
中の葡萄に圧力をかていくんですね。

FRANCE2011 202.jpg

隙間から徐々にワインが揺れるハート

FRANCE2011 203.jpg

FRANCE2011 200.jpg

意外と出てくるもんですねー。

FRANCE2011 204.jpg

プレスしたワインいただきまーするんるん
フリーランワインに対して、
このワインはプレスワインって呼ばれます。



FRANCE2011 205.jpg

ここでyoneさんカップルのお友達、
つめちゃんとゆきちゃん登場!
お二人は先日パリで結婚式を挙げたばかりムード

おめでとうございまーす

新婚旅行ってことで、サンペレに立ち寄られました。

パリの結婚式も楽しそう。
その様子はyoneさんのブログで⇒YONE de PARIS


車はyoneさんとmayukoさんがドレスアップぴかぴか(新しい)
新婚さん仕様となっておりまするんるん


さてさて、プレス機はスタートすると
その後は放置プレイ。
4〜5時間かけてじっくり絞りまーす。



つづく。











ラベル:Saint-Peray
posted by nodomi at 12:24| Comment(0) | Saint-Peray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

It's probably me



昔の映画のエンディングで使われた曲です。

学生時代にシアトルで買ったお気に入りのCD。
クラプトンが好きで買ったんですけどね。

来月はそのクラプトンが来福。

見に行きたいけどねー。
はい、仕事ですたらーっ(汗)



If the night turned cold.
And the stars looked down.
And you hug yourself.
On the cold cold ground.
You wake the morning.
In a stranger's coat
No-one would you see.
You ask yourself,‘Who'd watch for me?’
My only friend, who could it be?
It's hard to say it.
I hate to say it, but it's probably me.

When your belly's empty.
And the hunger's so real.
And you're too proud to beg.
And too dumb to steal.
You search the city.
For your only friend.
No-one would you see.
You ask yourself,‘Who'll Watch For Me?’
A solitary voice to speak out and set me free.
I hate to say it,
I hate to say it, but it's probably me.

You're not the easiest person I ever got to know.
And it's hard for us both to let our feelings show.
Some would say.
I should let you go your way.
You'll only make me cry.
If there's one guy, just one guy.
Who'd lay down his life for you and die.
It's hard to say it,
I hate to say it, but it's probably me

When the world's gone crazy, and it makes no sense.
And there's only one voice that comes to your defence.
And the jury's out.
And your eyes search the room.
And one friendly face is all you need to see.
If there's one guy, just one guy.
Who'd lay down his life for you and die.
I hate to say it,
I hate to say it, but it's probably me.

I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.
I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.
I hate to say it,
I hate to say, but it's probably me.




たとえば凍てつく夜
星もくっきりと見え
君は寒さのあまり思わず自分の身体を抱きしめる
朝目が覚めてみると誰かがコートをかけてくれている
人の気配などまるでないのに
きみはひとりぼっち
私を見守ってくれていたのは誰
私のたった一人の友達、それはいったい誰?
言いにくいことだけど
言いたくないけれど
でもそれはきっと僕のことなんだ

お腹の中はからっぽ
飢えに苛まれても
物乞いするには気高すぎ
盗みをはたらくには要領がよすぎる君
たった一人の友達を探して
君はこの大都会をくまなく歩き回った
だけど一人として出逢えない
君はひとりぼっち
誰もいないのかしら
孤独の叫びをあげれば君は解き放たれる
言いたくないけれど
言わずにおきたいけれど
でもそれはきっと僕なんだ

君が一筋縄でいかない相手だということに気付いていないわけじゃない
おまけに二人とも気持ちを上手く表せないときている
君の好きなようにさせてやればいいじゃないかって
誰かに言われそうだな
僕が泣けばすむことだものね
だけど君のためなら命を投げ出して死んでもいいという男がどこかにいるとすれば
一人でもいるとすれば
なかなか言えないけれど
言いにくいことだけど
でもそれはきっとこの僕なんだ

世の中がおかしくなってしまって
何の道理も通らなくなってしまい
自分以外誰も弁護してくれる者はいない
陪審員たちも立ち去ってしまい
君は空っぽの部屋を眺めるだけ
たった一人だけでいいから味方に出逢えたらと思わずにいられない
でも一人の男がいるとしたら
君のためなら命を投げ出して死んでもいいという男がいるとしたら
なかなか言えないけど
言わずにおきたいけど
でもそれはきっとこの僕なんだ
言いたくないけれど
言わずにおきたいけど
でもそれはきっとこの僕なんだ


ラベル:お気に入り
posted by nodomi at 03:16| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。